So-net無料ブログ作成
- | 2014年03月 |2014年04月 ブログトップ
前の2件 | -

浅田真央 世界選手権 2014で優勝して金メダル獲得なるか?(動画あり) [スポーツ]

="color:#FF0000;">浅田真央世界選手権 2014優勝して金メダル獲得できるかどうか、気になりますね!
 (ショートプログラムの動画あり)










昨日は羽生結弦世界選手権 2014で見事逆転優勝しましたから、浅田真央にも
がんばってほしいですね。








浅田真央のショートプログラムでの得点は歴代最高得点なんですよね!

今回のショートプログラムの結果は
1位 浅田真央       日本   78.66 PS更新
2位 カロリーナ・コストナー  イタリア  77.24 PS更新
3位 ユリア・リプニツカヤ   ロシア 74.54 PS更新
4位 鈴木朋子     日本   71.02 PS更新
5位 グレイシー・ゴールド  アメリカ  70.31 PS更新
6位 アンナ・ポゴリラヤ   ロシア 66.26 PS更新






これはすごい!
上位6位の選手がみんな自己ベストを更新していますね。
特に浅田真央は最初にトリプルアクセルを成功させると、次々にジャンプ、スピン、
ステップと確実に決め、優雅で、まるで妖精のような演技で歴代最高得点を獲得して
います。




浅田真央

d7b1f585.jpg
http://gensen2ch.com/archives/4672782.htmlより引用







カロリーナ・コストナー

2014022000041_1.jpg
http://dot.asahi.com/sports/gorin/2014022000041.ht...より引用






ユリア・リプニツカヤ

o0360045012866483376.jpg
http://ameblo.jp/shuppansports/entry-11788700825.h...より引用







鈴木朋子

250px-Akiko_Suzuki_at_the_2010_Olympics_(1).jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6...より引用







グレイシー・ゴールド

o0512037512812296587.jpg
http://ameblo.jp/shuppansports/entry-11748895221.h...より引用







アンナ・ポゴリラヤ

201311280006-spnavi_2013112800016_view.jpg
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/a...より引用






スポンサーリンク









さて29日の女子フリーの滑走順が決まりました。

フリーは24選手で争われれます。
SP首位の浅田真央は21番、4位の鈴木は20番の滑走順です。








同じ最終組のコストナーは19番、リプニツカヤは22番で、村上は一つ前の組で14番です。

みなさん、浅田真央鈴木朋子村上佳菜子を応援しましょう。








こぼれ話

これまでの歴代得点順位はどうなっているかというと


順位  名前        国籍  総合   SP    FS    大会名
1 Yuna KIM         KOR 228.56 78.50 150.06 2010 オリンピック
2 Yuna KIM        KOR 218.31 69.97 148.34 2013 世界選手権
3 Yuna KIM        KOR 210.03 76.08 133.95 2009 GPフランス大会
4 Yuna KIM        KOR 207.71 76.12 131.59 2009 世界選手権
5 Mao ASADA     JPN 207.59 71.26 136.33 2013 GP日本大会
6 Mao ASADA     JPN 205.50 73.78 131.72 2010 オリンピック
7 Mao ASADA      JPN 205.45 74.49 130.96 2013 四大陸選手権
8 Mao ASADA      JPN 204.55 73.18 131.37 2013 GPアメリカ大会
9 Mao ASADA      JPN 204.02 72.36 131.66 2013 GPファイナル
10 Joannie ROCHETTE CAN 202.64 71.36 131.28 2010 オリンピック

上位はキムヨナと浅田真央がほぼ独占していました。
このトップに浅田真央が躍り出たわけですね。

これからも浅田真央に期待したいですね!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

羽生結弦 世界選手権 2014で初優勝!(動画あり) [スポーツ]

羽生結弦選手が世界選手権 2014で見事初優勝しましたね。(動画あり)

羽生結弦 世界選手権 2014初優勝 フリーの直前6分間練習







いやあ、すごいですね。羽生結弦選手は世界選手権2014のフリーの
演技が終わった瞬間は氷上に膝まづいて「もう力尽きた!」という感じでしたね。











羽生結弦選手は、今回の世界選手権 2014のフリーの演技では、最初の
4回転サルコーで踏みとどまり、4回転トーループを危なげなく決めてその後は連続ジャンプ、
ステップともにスムーズな演技での五輪金メダリストの実力を見せつけ、わずかに町田を上回り
ました。










SP首位の町田樹(関大)は自己ベストをマークしましたが2位、最終滑走の小塚崇彦
(トヨタ自動車)は残念ながら6位でした。


町田 樹
2014y03m27d_083011221.jpg
http://azplanning.cocolog-nifty.com/neko/2014/03/s...より引用






◇男子最終順位◇
(1)羽生結弦(ANA)282・59(SP91・24、フリー191・35)
(2)町田樹(関大)282・26(SP98・21、フリー184・05)
(3)ハビエル・フェルナンデス(スペイン)275・93(SP96・42、フリー179・51)
(4)マキシム・コフトン(ロシア)247・37(SP84・66、フリー162・71)
(5)ジェレミー・アボット(米国)246・35(SP79・67、フリー166・68)
(6)小塚崇彦(トヨタ自動車)238・02(SP85・54、フリー152・48)



スポンサーリンク









今回、羽生結弦世界選手権 2014で見事初優勝したわけですが、
ウォール・ストリート・ジャーナルの記事のよると、過去30年の五輪における同種目の1位は、
ほとんどがアメリカとロシアだったと記述しており、19歳での金メダリストは、1948年のサンモ
リッツ五輪において18歳で優勝したディック・バトン選手(アメリカ)に次ぐ若さであるとしています。


ディック・バトン
e0171614_9422241.jpg
http://quasimoto.exblog.jp/21705085/より引用






確かに男子シングルにおいては、1984年のサラエボ五輪から2010年のバンクーバー五輪までの
8回のうち、実に7回でアメリカもしくはロシア勢が金メダルを獲得しており、この2カ国以外の金メダ
リストとなると、92年のアルベールビル五輪のヴィクトール・ペトレンコ選手(ウクライナ)以来、
誕生していません。


ヴィクトール・ペトレンコ
victorpetrenko2sss.jpg
http://www.geocities.jp/yurikoariki/figureskating1...より引用









同種目初の日本人オリンピック金メダリストとして、五輪の歴史に新たに名を刻んだ羽生結弦
選手は、「世界選手権大会2014」も制し、三冠を達成しました。

これは、アレクセイ・ヤグディン選手(ロシア)が2001-2002年シーズンにソルトレイク五輪と
世界選手権、グランプリ(GP)ファイナルで"三冠"を達成して以来の快挙となります。


アレクセイ・ヤグディン
t02200300_0440060010535988541.jpg
http://ameblo.jp/elizaveta-adelina/entry-105314680...より引用







こぼれ話「パリの散歩道」を30年前に郷ひろみさんが歌っていた!!

羽生結弦選手がソチ五輪で使用した「パリの散歩道」が日本でヒットしつつあるようです。
オリジナルは「パリの散歩道」(原題:Parisienne Walkways)として、北アイルランドの
ギタリスト、ゲイリー・ムーアが1978年のアルバム『バック・オン・ザ・ストリーツ』で発表した
楽曲です。

ゲイリー・ムーア
Gary_moore.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%A4%E3...より引用








郷ひろみさんは83年発売の49枚目シングル「シャトレ・アモーナ・ホテル」のB面に
愛しい他人(ひと)ーパリの散歩道』として、収録しています。

郷ひろみ
d0022648_15253543.jpg
http://cress30.exblog.jp/i60/より引用







いろいろな処で話題をまき散らしながら、男子フィギュアスケートの日本人初の金メダリストの
羽生結弦、併せて同一シーズンで、グランプリファイナル、世界選手権も制してしまう
怪物ぶり。

今後の活躍に日本中が期待して止みません。

がんばれ!羽生結弦選手!!
前の2件 | -
- |2014年03月 |2014年04月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます